信玄の戦争 - 海上知明

信玄の戦争 海上知明

Add: syqej40 - Date: 2020-12-12 00:20:37 - Views: 9714 - Clicks: 2901

信玄の戦争 戦略論『孫子』の功罪 <ベスト新書> 著者 海上知明 出版社 KKベストセラーズ. 2109】「信玄の戦争 戦略論『孫子』の功罪」海上知明(著)(ベスト新書) 内容 組織の旧式性や農兵の比重の高さを声高に指摘する識者も多い。. Webcat Plus: 信玄の戦争 : 信玄の戦争 - 海上知明 戦略論『孫子』の功罪, 組織の旧式性や農兵の比重の高さを声高に指摘する識者も多い。確かに、都から遠い貧国である甲斐の限界は少なくない。 ビジネス書・実用書などの価値の高い本の情報が記事単位で読める犬耳書店。『戦略で読み解く日本合戦史』収録『参考. 日本経済大学教授、孫子経営塾理事の海上知明先生に、『孫子の盲点 gl/DCmTqp についてお. Amazonで海上 知明の孫子の盲点 信玄はなぜ敗れたか? 海上知明 著: 芙蓉書房:. 海上 知明(うなかみ ともあき、1960年 - )は、日本の評論家、日本戦略研究フォーラム研究員1。茨城県生まれ。中央大学経済学部卒1。企業勤務。年、「環境思想の体系と史的分析 : 多様化するエコロジー思想」で国士舘大学博士(経済学)を取得2。. 前線で戦う兵力が少なすぎる 2.

海上知明著 (ベスト新書, 124) ベストセラーズ,. 海上 知明 信玄の戦争. 「信玄の戦争 戦略論・孫子の功罪」著/海上知明 KKベストセラーズ 年初版 定価819円 収録内容 序章 武田信玄の新しい. 本当は誤解だらけの戦国合戦史 信長・秀吉・家康は凡将だった/海上 知明(歴史・地理・民俗) - 信長・秀吉・家康は合戦が下手くそだったのに、なぜ天下をとれたのか?. 信玄の戦争 - 戦略論『孫子』の功罪 - 海上知明 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. (ワニ文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。海上 知明作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 海上知明著『川中島合戦 戦略で分析する古戦史』(原書房)の読書感想です。戦国最強の謙信と信玄が戦った激戦の真相と2人の強さの秘訣が分かる本です。. 敵地奥深くの妻女山に布陣 春日山に残る残存兵力は過大で、現在、孫子に忠実に動いていた武田晴信相手では背後に不安が残ることも考慮したと説明されていますが、それでも春日山の兵力は多すぎるように感じます。そこまで大量動員が必要な勢力は越中方面には存在しません。羽前と岩代から援軍が来ています。 川中島の合戦の結果を知る後世の視点では見落としてしまいがちかもしれませんが、いくら戦上手でほとんど負けなしと言われた謙信であっても、精強な武田軍よりかなり少ない兵力で敵地の奥深くに布陣することは、普通に考えて自殺行為で合戦目的も意味不明といえると思います。(上杉年譜によると目標は海津城) 前半上杉氏の勝利で、後半武田氏の勝利ともいわれている本合戦ですが、謙信の兵力配分、兵の動かし方だけ見ると、謙信は何をしたかったのか、本当に意味が不明です。 しかも、当時の日本国内だけにとどまらず、欧州を見渡してもかなり大規模な合戦であったことは言うまでもありません。 本書において海上氏は、確定的史実視点からの整合性だけに頼らず、社会科学と地政学、バランス・オブ・パワーの視点、国内外を問わない戦略・戦術の原則を当てはめて検証するという一般の史家が採らない手法をもって合戦の妥当性を問うという演繹法を使って検証しています。 何のために武田軍と上杉軍が「川中島」という地で戦ったのかを地政学的視点(ハートランド・リムランド論)から検証。 川中島の合戦は史上最強の名将上杉謙信と孫子の忠実な体現者である武田信玄との秘術をつくした戦いで、世界の戦史史上類を見ないほどの高度で精緻なレベルの知略戦であったこと。結果論的に言えば、川中島の合戦の結果ゆえに東国大名の勢力バランスが変えられず、東国勢力による天下統一ができなくなったこと。 当時の合戦では見られ.

信玄の戦争 戦略論『孫子』の功罪 - 海上知明/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 「信玄の戦争」海上知明。たしか、新田次郎だったか海音寺潮五郎だったかだと思うが「戦国最強武将は、武田信玄か上杉謙信」だと論じているのを読んだことがある。「その他の武将は比較にならない、この二人が抜群に強い」という。全く同感である。しかし、その戦国最強の武田信玄は. シンゲン ノ センソウ : センリャクロン ソンシ ノ コウザイ.

ビジネス書・実用書などの価値の高い本の情報が記事単位で読める犬耳書店。『戦略で読み解く日本合戦史』収録『第一章 「平治の乱」──完璧な合戦』(著海上知明). 信玄の戦争 : 戦略論『孫子』の功罪. 】 信玄の戦争/海上知明【著】/中古本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。 1500円以上のご注文で送料無料。 BL・ラノベ・文庫から、ビジネス書・専門書・問題集・参考書まで、中古本ならではの絶版書もあります!. Amazonで海上 知明の信玄の戦争 (ベスト新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。海上 知明作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 組織の旧式性や農兵の比重の高さを声高に指摘する識者も多い。確かに、都から遠い貧国である甲斐の限界は少なくない。だが、信玄の天下取りがかなわなかった真相は別にある。信玄を語る上で欠かせぬ、世界最古の兵法書『孫子』。その教義の限界が、信玄の天下人への道を大きく阻んでい.

父は土浦市役所総務部長、生活環境部長を務めた海上勘四郎。 著書 編集 『環境思想 歴史と体系』ntt出版 『環境戦略のすすめ エコシステムとしての日本』 ntt出版ライブラリーレゾナント 『信玄の戦争 戦略論『孫子』の功罪』 ベスト新書. という考えを『信玄の戦争』で海上知明(うなかみともあき)さんが提出している。 とても示唆に富む考え方で、信長はマキャベリ的だったので天下統一直前までいった、というコトと合わせて考えると、ここからいろいろと演繹していけそう。. 1: 環境問題としてのエネルギー : 危機管理の経済史: 海上知明 著: ビイング・ネット・プレス:.

8: 新・環境思想論 : 二十一世紀型エコロジーのすすめ: 海上知明 著: 荒地出版社:. ワニ文庫 - 海上知明のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。. 著者「海上知明」のおすすめランキングです。海上知明のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:日本経済大学教授「年 『戦略で読み解く日本合戦史』 で. See full list on hougenkanwa. 孫子の盲点 信玄はなぜ敗れたか?

海上 知明 | 年04月28日頃発売 | 「関ヶ原合戦は西軍が勝ったはずだ」。かつて関ヶ原合戦の両軍の布陣を見たプロイセン王国・ドイツ帝国のクレメンス・ヴィルヘルム・ヤーコプ・メッケル大佐はこう述べたといわれる。戦略と勝敗とは、はたしてどのような関係にあるのか。日本において. 地域性もあり、幼少時より織田、豊臣、徳川以上に上杉謙信に親しみを持っており、ノンフィクション、フィクション問わず、小説やムック、特集などを読み漁っていました。 この本に出合うまで(実際のところは前作の孫子の盲点 ~信玄はなぜ敗れたか?~ (ワニ文庫))は、私の知識は、ステレオタイプの謙信像でしかありませんでした。 漠然とながらも上杉謙信の合戦で疑問とまではいかなくとも、心の奥底につかえていたものが、本書によって取り除かれました。. 海上 知明(うなかみ ともあき、1960年 - )は、日本の評論家、日本戦略研究フォーラム研究員 。 茨城県生まれ。中央大学 経済学部卒 。企業勤務。年、「環境思想の体系と史的分析 : 多様化するエコロジー思想」で国士舘大学 博士(経済学)を取得 。. 1560年の段階での謙信の動員力(松隣夜話での北条氏算出)は3万5千~4万人、遠征動員は2万~2万5千人とされています。 第四次川中島合戦時には、長尾政景以下2万強を春日山に残し、蘆名氏と大宝寺氏に留守の援軍を頼んでいたため、春日山城下の兵はさらに多くの兵力が存在しました。 川中島遠征に1万人を動員し、現地の味方の信濃勢3千人と合流。5千を後詰として善光寺に配置し、残り8千で川中島に向かいました。 ここで生じる2つの疑問点。 1.

信玄の戦争 (海上知明/ベストセラーズ)の書評は本が好き!でチェック!書評を書くと献本がもらえる!腕利きのレビ. 『川中島合戦:戦略で分析する古戦史』(海上知明) のみんなのレビュー・感想ページです(2レビュー)。作品紹介・あらすじ:地政学的戦史分析の第一人者が、一級史料が少なく全貌が謎に包まれた川中島合戦を、軍記物語の記述を利用しながら、孫子の兵法やリデル・ハートの間接的アプローチ. 海上 知明『信玄の戦争』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約2件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 最近よく見かける上杉軍の略奪について、現時点では「謙信旗下」の上杉軍が略奪したという確実な資料は存在していないということ。 永禄9年に小田原城下で「人身売買」をしたという話。こちらも上杉軍が乱取りにて金儲けをした理由にされているが、2点の問題点があげられる。一つは捕虜の金額が20~30文程度であったこと(当時の人足の日給にも満たない程度。これでは儲けになりません。)、もう一つは乱取りした勢力圏内で売買していること(北条氏の力を削ぐわけでもなく、意味不明) この2点からも金儲けのためでもなく、敵勢力への嫌がらせでもなく、手間賃程度で捕虜開放しているような感じに見えてしまいます。 Youtubeのチャンネルくららにおいて、同書の興味深い解説も行っております。 著者によると、わかり易い図表が入ったため値段が上がったとのことですが、数々の腑に落ちない点を払拭してくれ、値段に見合った良書に出合えたことに感謝したいと思います。. 内容:組織の旧式性や農兵の比重の高さを声高に指摘する識者も多い。確かに、都から遠い貧国である甲斐の限界は少なくない。だが、信玄の天下取りがかなわなかった真相は別にある。信玄を語る上で欠かせぬ、世界最古の兵法書『孫子』。その教義の限界が、信玄の天下人への道を大きく. 信玄の戦争の本の通販、海上知明の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで信玄の戦争を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは教養新書の本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. 信玄の戦争 戦略論『孫子』の功罪 (ベスト新書) 著者 海上 知明 (著) 武田信玄はなぜ天下をとれなかったのか? 信玄を語る上で欠かせぬ、世界最古の兵法書「孫子」。その教義の限界が、信玄の天下人への道を大きく阻んでいたとしたら.

川中島合戦~戦場で分析する古戦史 gl/WbwYlP 戦略と経済から戦国合戦を分析する、海上知明先生再登場!. 信玄の戦争 戦略論『孫子』の功罪 ベスト新書 著者 海上知明 著 出版社 ベストセラーズ. 12: 日本流の戦争方法: 戦略研究学会【編. 海上知明 (うなかみ・ともあき) npo法人孫子経営塾理事・昭和12年学会理事。中央大学経済学部卒業後、企業に勤務しながら大学院に入る。平成14()年3月、博士(経済学)。日本経済大学教授を経て現職。東京海洋大学・芝浦工業大学講師を務める。. 海上知明 信玄の戦争 ベスト新書 : 海上知明 | HMV&BOOKS online本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。.

。. 五月雨日記 時々、書きます。 購入した(あるいは購入したい)本のリストetc. 「信玄の戦争」海上知明。 たしか、新田次郎だったか海音寺潮五郎だったかだと思うが「戦国最強武将は、武田信玄か上杉謙信」だと論じているのを読んだことがある。「その他の武将は比較にならない、この二人が抜群に強い」という。全く同感である。 しかし、その戦国最強の武田信玄は.

信玄の戦争 - 海上知明

email: ejoheza@gmail.com - phone:(603) 765-2886 x 4911

産業地域の形成・再編と大企業 - 鹿嶋洋 - アメリカ共産党とコミンテルン

-> 840 ビジネス手帳<小型版>1 黒 4月始まり 2012
-> 国家公務員法の解説<3訂版> - 竹之内一幸

信玄の戦争 - 海上知明 - 木棚照一 国際工業所有権法の研究


Sitemap 1

横浜市17 青葉区 2004 - 消防団員実務必携 消防学校消防団員教育研究会